育児の悩み

小学生未満の意味とは?小学生以下との違いは?未就学児の扱いを解説

  • 小学生未満って何歳から何歳のこと?
  • 〜未満・〜以内・〜歳超など年齢に関する言葉の意味を明確に知りたい。
  • 未就学児って何歳?ホテルやレストランの年齢表記がわかりにくい…。

この記事では、お子様のややこしい年齢表記について解説していきます。

「小学生未満」「~年以前に生まれたお子様」といわれても、なんともややこしくてわかりにくいですよね。

ホテルやレストランの予約をするときには、年齢の扱いによって費用合計額が変わることもありますから、注意しておきましょう。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

「小学生未満」とは0歳から6歳のこと!

「小学生未満」とは、「0歳から6歳」のことをいいます。

小学校にすでに入学している子供は、「小学生未満」ではありません。

日本で小学校に入学できるのは、6歳の誕生日を迎えたあとの4月1日です。

そのため、6歳になってもまだ小学校に入学していない子供は、小学生未満となるのです。

「小学生未満」に小学生は入らないので、7歳や8歳の子供は小学生未満ではありません。

もちろん中学生や高校生以上の大人も、小学生未満ではありませんね。

「〜歳未満」の意味

「〜未満」という単語は、その直前にある数を含みません。

例えば「20歳未満の人」と書かれているとしましょう。

このとき「20歳」は含まないことになります。

なので、「20歳未満の人」とは、「0歳から19歳の人」のことです。

「まだ20歳の誕生日が終わっていない人」と言い換えることができますね。

ちなみに、小学生未満と同じようによく使われる言葉が「小学生以下」です。言葉は似ていますが意味は違います。

小学生以下には、すでに小学校に入学している人が含まれます。

つまり、0歳から12歳の人のことです。

「〜年以前に生まれたお子様」の意味

「~年以前」には、「~」という部分に入る言葉が含まれます。

例えば「2010年以前に生まれたお子様」と言われたら、「2010年に生まれた子」も当てはまります。

こちらも、お子様を持つ人なら知っておきたい年齢の数え方ですね。

「〜歳超(上回る)」の意味

「~歳超」という言い方は、~に入る言葉を含みません。

使われている漢字から、6歳より年上の事を指すのだと予想できますよね。

しかし問題は、6歳の人はどうなるのか、ということです。

「6歳超」なら、「7歳の誕生日が終わった」「7歳以上」となります。

また「~を上回る」という言い方も、~に入る数字は含まれませんよ。

「小学生未満」の別の言い方

小学生未満の意味が分かったところで、別の言い方を見てみましょう。

どの言葉にも違いがあるので、この記事をしっかり読んでみてください。

小学生未満の子供について、さらに詳しく言いたいときに便利な、言い換えの言葉です。

年齢別の具体的な呼び方

年齢に合わせて、以下のような言い方があります。

年齢別の呼び方

  • 新生児
  • 乳児
  • 幼児
  • 児童
  • 未就学児

生まれたての赤ちゃんからおよそ1カ月までを「新生児」と呼ばれています。

新生児のあと1歳の誕生日を迎えるまでの期間が、「乳児」です。

年齢を伝えたいとき、「0歳~カ月の赤ちゃん」と言うことができますね。

1歳から6歳の子供は、「幼児」と名付けられています。

小学校に入学するまでの、まだ小さな子供を指しますよ。

保育園や幼稚園に通っている幼児について、園内では「児童」と呼ばれることがあります。

また、その他にも年齢を無視した「未就学児」という言い方も一般的ですね。

「未就学児」は小学校に通う前の子供のことで、小学生未満と同じく0歳から6歳を指しています。

ちなみに、英語で小学生未満と言いたいときには、“pre-school child”が一番便利な表現ですよ。

ホテルでよく見かける「小学生未満の添い寝のお子様」の意味は?

「小学生未満のお子様は添い寝できます」は、小学生未満の子供が母親や父親と一緒に寝る場合、ベッド料金が無料になるということです。

例えば父親・母親・10歳の子供・5歳の子供の4人で、ホテルを利用するとしましょう。

4人で宿泊するとき、普通は4人分のベッドが必要ですよね。

ところが5歳の子供がどちらかの親と同じベッドで寝るなら、ベッドの用意は3つで足ります。

ベッドを一つ分、節約できるということですね。

10歳の子供は小学生未満ではないので、ベッドを1つ利用する必要がありますよ。

-育児の悩み

© 2020 雑学ブログ研究所